2016

ポスター発表は著者の後に[P].
Poster with Oral は 著者の後ろに[PO].
Oral のみはなにもなし.

*** 口頭発表 (主著者) ***

*** 口頭発表 (共著者) ***

雷雲ガンマ線の多地点観測に向けた検出装置の小型化と2015年度冬季における北陸地方への展開
和田有希、榎戸輝揚、湯浅孝行、中野俊男、中澤知洋、奥田和史、古田禄大、 楳本大悟、土屋晴文
日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学大泉キャンパス, 2016年3月21日

GRWOTH実験:2006−2015年における柏崎刈羽原発内における雷雲ガンマ線検出データの全解析
楳本大悟、土屋晴文、中澤知洋、古田禄大、奥田和史、和田有希、加藤博、湯浅孝行、榎戸輝揚、牧島一夫
日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学大泉キャンパス, 2016年3月21日

SciCRT による太陽中性子観測VI - 全体報告と新データ収集システムの現状 -
佐々井義矩、松原豊、伊藤好考、さこ隆志、川端哲也、ディエゴロペス、引持力哉、土屋暁、
池野正弘、内田智久、田中真伸、宗像一起、加藤千尋、小財正義、中村佳昭、
丹羽健徳、大島貴広、小池俊輝、柴田祥一、高丸尚教、大嶋晃敏、小島浩司、土屋晴文、
渡辺恭子、小井辰巳、SciCRT collaboration
日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学大泉キャンパス, 2016年3月21日

SciCRT による太陽中性子観測VII - シェラネグラで得られたデータ解析の現状 -
土屋暁、引持力哉 for SciCRT collaboration
日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学大泉キャンパス, 2016年3月21日